スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メダルをいかに大切に使うか

ゲームセンターのメダルゲームにある程度通い、大当たりも経験し、
そこそこメダルバンクに預けメダルがためられるくらいになると、メダルの使い方が雑になる。

そう、無駄使いしてしまう。
遊びだからいいじゃないか!って思えばそれまでだけど、
やっぱりさらに増やしていこうと考えるならまた初心に戻ることが大切。

特に競馬ゲームは私もそうだけど、
使おうと思えば1度に100枚200枚賭けることができる。

ただ、冷静に見極めなければならない。
例えばちょっと荒れそうな気配があるときは、1レース様子を見ることにする。

なぜなら、予想がつけられないくらい人気薄の馬が絡んでくるから。
もちろんそこを狙うのも手だけど、かなり難しい。

過去の経験からも、毎回メダルをかけるよりは
こうやって、一旦様子みたり、良い流れが終わる手前で
他のメダルゲームに移動したほうが結果は良好。
スポンサーサイト

メダルゲームは運と実力だ!

メダルゲームは運だけではありません。
そのプレイする人の実力も関係しています。
だから初心者よりも熟練者のほうが勝率も高いでしょう。


なぜなら、


熟練者は、
まず、あたりやすい方法(攻略法)を知っている。
過去の経験から傾向がわかる。
無駄な使い方をしない。
効率の良いメダルの使い方をするetc...


とまあたくさんあるわけです。
それを考えると初心者は厳しいのです。
タダ単に、楽しそうなゲームを選び、単純にプレイしてしまいます。
もうすぐ当たると信じ込み、一気になくなってしまう。


だからまず勝つためには経験を積むこと。
大げさかもしれませんが、私はそう思いますよ。
実際私もそれで成長できたので。

グランドクロスの攻略法は立ち回り

グランドクロスと言ったらあの迫力のあるゲーム。
あれだけ大規模でインパクトあって楽しそうなもの、
みんなやりたくなるにきまってます。

そして私も実際にプレイ。。
そして感想。。。
これは初心者が手を出すと痛い目に合いますよ笑
ある程度メダルに余裕のある人以外にはあまりおすすめできませんねえ。。

ジャックポットチャンスの魅力につられて、
ついつい次こそ!次こそ!!と頑張ってしまう。
そして気づいたらすっからかんになってしまう可能性大です。

これを防ぐには台の立ち回り、
節約かつ効果的なメダルの使い方をしなければなりませんが、
メダルゲーム初心者にはちょっと厳しいですね。
私も痛い目に合いました笑

1000枚超えればもっといける

メダルゲームの上級者と初心者の大きな違い、
それはゲームセンターへの預けメダルの枚数だ。

初級レベルだと、せいぜい増えても数百枚までしかいかない。
しかし、上級となると、数千・数万の世界。
1000枚減っても別にぜんぜん問題ないといった感じ。

まだ始めたばかりの方は、
やはりまずは1000枚を超えることを目標に頑張ると良いと思う。
これがクリアできればもう大丈夫。

それだけの力があればあとはどんどん増やせます。
もちろん偶然スターホースとかで1枚賭けたら
1000枚以上当たってしまったとかは別です。

ちなみに超ハイレベルな人は1万枚を超えます。
ここまでくればもうメダルゲームを極めてしまったといってよいでしょう。
もう自由に使い放題。
ここまでいくには欠かせないのが競馬ゲーム。
スターホースやホースパークなどを得意分野であるか。

これが非常に大きいですね。

メダルゲームは設定に左右される

大当たりできるかできないか。
プラスで終えられるかマイナスで終わるかは
たいていのメダルゲームの場合、設定により決められている。
だからどんなにプレイヤーが頑張っても、当たらないものは当たらないのだ。

ではどうすれば良いのか?
それを考えることがメダルゲームで収支を増やしていくための攻略につながる。

それは当たる時期にプレイして当たったら別のゲームへ移動する。
もしくは、設定の存在しないゲームを選ぶ。
この2とおりになってくる。

例えばアミー漁は設定が悪くても、放出期がくるはずだ。
だからその時期にだけプレイして終わったら即やめる。
でないと一気に吸い取られます。

ところで、競馬ゲームは設定があるのか?
プレイヤーがどんなに頑張っても設定で当たらないようにされてしまうのか?
これは難しいですね。




カテゴリー
プロフィール

ピーチ

Author:ピーチ
はじめまして♪
預け枚数1万枚の壁がなかなか超えられません><
これを突破することが私の第一目標!

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。